ホームページイメージ

ホームページを作ろう!

ホームページの仕組み

何だかこのページを作ってて楽しくなってきたので、まだまだ退屈なお話は続きます。

次はホームページがどんな仕組みで動いているのか見てみましょう。
ここも読み飛ばしてもホームページ作成には問題ないですが、知ってると後々理解しやすくなります。
でも退屈な人はサッサと次へ行った方が良いです。

今皆さんが見ているこのページ、どこにあると思いますか?
おそらく「管理人のパソコンの中にあって、そのページを見ている」と考えていると思います。
管理人もホームページについて勉強するまではそうだと思っていました。
というか、そうとしか考えられませんでしたが、答えは違っていました。

今皆さんが見ているこのページは「サーバー」という別のパソコンにあって、みなさんはそれを見ているんです。
もう少し詳しく説明すると、ホームページのページにはそれぞれ住所のような物が割り振られています。
普段皆さんが使っているインターネットエクスプローラなどのホームページを見るためのソフトの上の方に
http://xxxxxx.xxxx.xxne.jp って感じの文字列があると思います。それがホームページの住所のようなもので
同時にどのサーバーにホームページが置かれているかもあらわしています。
みなさんが何らかのページを見ようとした時、インターネットエクスプローラはその住所にあるサーバーに
「~~ってページを見せて欲しいんだけど」とリクエストをします。サーバーはそのリクエストに答えてページのデータを渡し、それを受け取ったソフトがページを表示させているってわけです。


なので、ホームページを作っても、サーバーに作ったホームページのデータを渡さなければ他の人からは見れません。ホームページのデータをサーバーに置いてはじめて他の人に見てもらえるようになるねす。
この、サーバーにホームページのデータを渡す作業のことを「アップロード」と言い
ホームページを作成する上で必要な作業になってきます。

↓↓図にするとこんな感じ?↓↓

ホームページの仕組み「アップロード」   ホームページの仕組み「表示されるまで」
     
サーバーにホームページをアップロード   ①ソフトがサーバーにデータを要求
②サーバーがリクエストされたデータを渡す
③データを受け取ったソフトがページを表示させる